世界一息を止めた男の凄い記録!!息止めで脳が活性化!?

数あるメディアサイトからトムニティ.comを閲覧いただき誠にありがとうございます。

皆さんはどれ位息を止めてられますか?

あるアンケートでは1分も息を止めていられない人が多いだとか!?

わたしもブログを書きながら挑戦してみたら2分8秒でした。

だいぶ頑張れば2分30秒位、命かけたら3分位いけそうな気もします。

ライターの トム次郎です、よろしくお願いします。

 

自分では結構頑張ったと思っていましたが、世界記録の前では話になりませんでした…。

 

 

息止め世界記録

 

ドイツ人のTom Sietas(トム シータス)さん

記録

22分22秒

 

こちらのトムさん、なんだか他人事とは思えません!!

素晴らしい!!さすがトムさんです!!

ダイバーをやっているトムさん。

職人業か才能か、肺活量は普通の人の20%も多いといいます。

 

世界記録が出せた要因

記録挑戦前に純酸素で肺を満たしていた

ヨガを組み合わせた独自の方法を体得していた

ダイバーで才能により磨きがかかった

 

ただものではないトムさんでした。

 

ちなみに息を止めると脳が活性化するって話をおまけで…↓↓

 

息止めで脳が活性化!?

 

息を止めると血中の二酸化炭素が増え、脳は酸素が減少している!?と錯覚をおこして、頚動脈(けいどうみゃく)が大きく開き、多量の血液を脳に運びます。
酸素を含んだ血液が通常以上に脳に循環して脳が活性化するとのこと。

 

脳を活性化する「息止め深呼吸」

座りながらいつでもできる「息止め深呼吸」

代謝も上がり疲れがとれたり、疲れにくくなったりの効果が期待できます。

 

吸う(鼻から)→止める→吐く(口から)

各20秒ずつ

しんどい場合は無理をせず各10秒位から慣らしましょう。

 

鼻から吸う

肩周りや背筋の力を抜いてリラックス。20秒かけて鼻から息をゆっくり吸います

 

止める

20秒間息を止めます。リラックスした状態で力まないように。

 

口から吐く

20秒かけてゆっくり口から細く長く息を出します。最後は全ての息をしっかり吐き切りましょう。

 

まとめ

デスクワーク中に息止め深呼吸オススメ