幻想的・カラフル・明るい!!イタリアの世界遺産、チンクエ・テッレ

イタリアの中西部にある「リビエラ海岸」と呼ばれる国際的なリゾートエリアは世界各国のセレブがおしのびで訪れることもしばしばあるのだとか。

その中でも異彩を放つ「チンクエ・テッレ」

冒頭のチンクエ・テッレは日が沈み幻想的な雰囲気を放つのに対し、日が沈む前は明るくて楽しい雰囲気の景観になります。

1997年に世界文化遺産に登録されました。

 

チンクエ・テッレは5つの村の事を指し、元々は要塞として造られた村もある為に複雑な環境と外界との断絶のおかげで、近年になってやっと鉄道が開通したといいます。

 

チンクエ・テッレの街並み

 

 

 

こちらはお花屋さんですが、映画やアニメに出てきそうな景観が印象的です。

 

日帰りで訪れる人が多いらしいですが、日が沈む頃のチンクエ・テッレは写真で見ても息を呑む美しさ。

 

 

まとめ

どこでもドアの開発に期待!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA