牛のゲップで世界は滅亡する!?

数ある情報サイトからトムニティ.comを選んでご覧いただき、誠にありがとうございます。

脂のきつい牛肉が全く受け付けない編集ライターのトム次郎です、よろしくお願いします。

ちょっと良いサーロインなんか食べたらもうぴっぴろぴーです。

 

何とも物騒なブログタイトルとなっていますが、これが結構深刻だといいます。

牛ははんすう動物とよばれ、食べたものを消化するのに時間をかけ何度もくり返します。

牛には胃が4個あり、皆さん大好きなホルモンですよ!!(ミノ、ハチノス、センマイ、ギアラ)

第1~3胃に関しては、一度食べた草をはんすうするための機能となっており、我々人間と同じような働きをする胃は第4胃のみです。

消化の過程でガスが発生し、それがゲップとして出るわけですが…

 

このゲップ!!

なんとメタンガスなのです!!

 

メタンガスは二酸化炭素の50倍以上の温室効果を持っています。

大気中のメタンガスの30%程度がはんすう動物のゲップによるものだといわれており、アメリカで発生する温室効果ガスの26%は牛のゲップが原因だといわれています。

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”トム次郎アイコン.jpg” name=”トム次郎”]このままでは牛のゲップで世界がっ…!!!!![/speech_bubble]

しかし牛のゲップに含まれるメタンガスを99%削減できる海藻が発見され、世界各地で牛のゲップを抑制する研究が行われています。

研究をしておられる偉い方々に期待しましょう!!

 

個人的に思ったのですが、メタンガスは可燃性の気体なので牛がゲップするときに火を使ってたら大変な事になりません!?笑

 

まとめ

うしがすばくはつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA