この世の全ては忠臣蔵から学べ!!義務教育は忠臣蔵だけでもOKだしん!?

この世の全ては忠臣蔵から学べ!!義務教育は忠臣蔵だけでもOK

忠臣蔵の魅力をどうしても伝えたい!!

その思いが先行し過ぎて少々オーバーなタイトルになってしまった事をお詫び申し上げます。

数ある情報サイトの中でTomnity.comを選んでご覧いただき、誠にありがとうございます。

Tomnity.com編集ライターのトム次郎です。よろしくお願いします。

 

善悪では割り切れない問題で、結局良かったのか、間違っていたのかを問うと、皆さんの心の中にしか正解はないのです。

貫き通したのは己の正義であり、勇ましい侍の大和魂でした。

眠れる獅子の如く、皆さんの中にも静かに宿る大和魂は深い眠りについた状態です。

そこで!!

わたくしトム次郎、灯してみせましょう。風前の灯であるあなたの大和魂にヨガファイア!!

 

重要人物

浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)

序盤で訳あって切腹。播州赤穂藩の藩主。

 

吉良上野介(きらこうずけのすけ)

敵。赤穂浪士が命を狙っている

 

大石内蔵助(おおいし くらのすけ)

主役、赤穂の城で働いていた。昼行灯(ひるあんどん)とよばれるほどのんびりやだが松の廊下事件後、赤穂浪士のボス。

 

物語の始まり

天皇の使者が江戸に来るので接待をしなければならず、江戸幕府としては大変重要な接待の為、失敗は許されません。

その接待役に抜擢されたのが浅野家でした。

様々なしきたりがあり、そのしきたりに詳しく、儀式や典礼を司る役職を吉良上野介が

担っていたので、幕府は浅野内匠頭に「作法は吉良家を頼れ」と指示を出します。

しかし、吉良上野介は浅野内匠頭から恨みを買う事になります。

 

いざこざの序章は小競り合い!?

吉良上野介の対応が悪くなりその結果浅野内匠頭は恨みを買うまでになったのですが、ではなぜ吉良上野介は浅野内匠頭に対して対応が悪くなったのか、理由は以下の通り、ドン。

  • 浅野家からの進物(贈物)が少なくてイラッ
  • 浅野内匠頭は以前作法関係を経験していたが、その時とやり方が異なっていた為にすれ違ってイラッ
  • 上質な塩が取れる赤穂の製法を尋ねたがスルーされてモヤッ
  • 浅野内匠頭の妻である阿久里(あぐり)に惚れたポッ

ついに浅野内匠頭の我慢の限界がきて激怒!!!

 

有名な松の廊下事件とは!?

結果として浅野内匠頭は吉良上野介に切りかかるのですが、諸説はあるものそこに至る決定打が吉良上野介の嘘です

  • 儀式の時間が嘘だった
  • 礼服について教わった事が嘘だった
  • 出すべき料理について嘘だった

切りかかったのが江戸城の松の廊下だったため松の廊下事件となってます。

浅野内匠頭は当日に切腹に対し吉良上野介は処分なし、これを不服に思った大石内蔵助らが立ち上がります。

浅野内匠頭の辞世の句(この世に別れを告げる句)
「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」

 

罪の代償

赤穂の城は幕府に引渡し、赤穂藩の武士はリストラ(浪士)、これが聞き慣れた赤穂浪士です。

大石内蔵助は浅野家再興と吉良上野介の処分を求め長い間活動していましたが、願いは何も実らず主君の仇討ちを志します。

そして年密な計画を密かに遂行し、準備を整え、強い志が共にあるメンバー47名で浅野内匠頭の死から2年もかけた仇討ちの始まりです。

 

吉良邸に討ち入り

1702年12月14日夜(12月15日未明)

討ち入り…決行!!

吉良上野介は必死で隠れ、女の着物でカモフラージュし逃げ切ろうと試みますが(女、子供には手出しできない)見つかり大石内蔵助に殺されます。吉良上野介、享年62歳

そして日が変わり早朝の頃、主君の浅野内匠頭のお墓に向かうのです。

そして赤穂浪士総勢47名の内、生き証人として離れた寺坂吉右衛門を除く46名が最後まで筋を通し、逃げも隠れもせずに切腹。

 

まとめ

平和が一番!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA