結婚式にお呼ばれしたときにやってはいけないこと

 

アラサーの私、とうとう…友達の結婚式にお呼ばれされました!( ゚∀゚)o彡°

 

 

そこでドレスやらなにやら一式揃えたときに、今まで知らえなかった注意すべきことがたくさんあったので、ご紹介したいと思います。

 

 

皆さんはすべてご存知でしたか?

 

 

 

服装編

 

白以外のドレス

 

これはほとんどの方がご存知だと思います(;´∀`)

 

白いドレスは主役の花嫁さんが着用するので、参列する側は白は避けましょう。

 

 

羽織るものにファーは使わない

 

ファーは動物の死んだ毛が使われているので、あまりよくありません。

 

例えフェイクだとしてもお祝いの席で殺生を連想させるものをわざわざ選ぶ必要はないでしょう。

 

 

式では上着着用

 

女性のドレスはノースリーブが多いと思いますが、挙式に参列する場合は腕を隠せるボレロなどを着用しましょう。

 

男性ならスーツのジャケットです。

 

 

卒業式など改まったときにブレザーなどきっちり着るように言われたことがあると思いますが、それと同じような感覚ですね(*´∀`*)

 

披露宴で脱ぐのは大丈夫です◎

 

 

黒と白の組み合わせ

 

ドレスを黒色にした場合、ボレロなどの羽織は白以外の色を選びましょう。

 

黒と白の組み合わせはお葬式を連想させるので、羽織をベージュやその他の色にすると華やかに見えます。

 

 

 

小物編

 

ティアラ

 

これも主役である花嫁さんがつけることが多いので避けましょう。

 

カチューシャなどもティアラのように見えるので、避けるのが無難です。

 

 

バッグ

 

バッグは比較的なんでも大丈夫です。

 

大きさの合うものを選びましょう。

 

 

ふくさ

 

私はお恥ずかしながら初耳でした(´・ω・`)

 

ふくさというのはご祝儀や香典を包むもので、結婚式の当日にふくさにご祝儀を包んで持っていきます。

 

 

色は黒やグレーなどは香典を包むときに使うので、それ以外の色を選びましょう。

 

 

腕時計

 

男性に多いかもしれませんが、腕時計を見るのは時間を気にしている仕草なので「早く帰りたいのかな」と思われる可能性があります。

 

お祝いの席なので外しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、踵が見えるものは避けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

上記のような踵が隠れて、少しヒールもあるとドレスによく合うと思います。

 

 

お祝いの場に相応しいかどうかを考える

 

ここに記載したほとんどのものは絶対に守るべきものではなく、あくまでもマナーの問題なので個人によって良し悪しが分かれるかもしれません。

 

ですが、基本的にはお祝いの場に相応しいかどうかを念頭に置くべきだと思いました。

 

 

私も20代後半になったので、時と場合によって適した服装、言動を心がけようと思います(#^^#)