私たち全員のオタクを作ったトムニティのトップ5の日本語キャラクターください

最終更新日

Comments: 0

私たち全員のオタクを作ったトムニティのトップ5の日本語キャラクター

アニメーションとキャラクターデザインへの献身のおかげで、日本は世界中で最も愛され、最も有名なキャラクターのいくつかを作成しました。

ここトムニティでは、これらのキャラクターに会い、なぜ誰もが彼らをとても愛しているのかを知りたいと思っています。かわいい猫から火を噴く海獣まで、私たち全員のオタクを作った5人の日本人キャラクターがここにあります: 

マリオ

1981年のドンキーコングアーケードゲームで「ジャンプマン」として最初に登場したマリオは、大工であり、後に配管工であり、巨大な獣から苦しめられた乙女を救います。しかし、彼の人気が本当に急上昇し、彼が世界的な現象になったのは、1985年のスーパーマリオブラザーズでした。 

200以上のビデオゲームに登場するマリオは、彼の象徴的な外観、多数のパワーアップ、そしてピーチ姫がいくらかの節約を必要とするときに彼が続けるエキサイティングな冒険で、何世代にもわたるビデオゲームファンの想像力を捉えました。

悟空

1984年に登場した週刊少年ジャンプ#51は、世界最強になりたい武道家です。 2年後、悟空はドラゴンボールアニメシリーズである今や世界的なセンセーションのおかげですべての家庭の一部になりました。 

日本文化の最も称賛された英雄の一人として、悟空は彼の壮大な戦闘能力と勤勉で決してあきらめない態度のおかげで多くの少年と若い男性のお気に入りでした。 

ゴジラ

1954年以来無数の都市を破壊しているゴジラは、第二次世界大戦中の米国の原爆投下の恐ろしい比喩として機能する怪獣です。それ以来、彼は36本の映画に出演し、現在はモンスターの王と見なされています。

ゴジラの映画は67年間、文化的および世代間のギャップを超え続け、特殊効果、まったく新しいキャラクター、微妙ではあるが強力な社会政治的メッセージをますます改善しています。 

ピカチュウ

1996年のビデオゲーム「ポケットモンスター赤・緑」に初めて登場したピカチュウは、体から電気ボルトを発射できる黄色のネズミのような生き物の一種です。ピカチュウがポケモンアニメシリーズの主役を務めたとき、その人気は高まり、ビデオゲームとアニメの両方のアイコンになりました。 

日本のひとつであり、任天堂で最も人気のあるキャラクターであるピカチュウは、その柔らかく丸みを帯びた特徴と才能のある大谷育江が届ける愛らしい声のおかげで、多くの子供たちやポケモンファンのお気に入りであり続けています。

ハローキティ

1974年にビニール小銭入れのデザインとして最初に見られたハローキティは、赤い弓を持った擬人化されたジャパニーズボブテイル猫です。それ以来、彼女は記念品、アニメーションショー、その他の製品ラインにまたがるマルチメディアフランチャイズアイコンに成長しました。

日本のカワイイ(かわいい)文化の有名なアイコンであるハローキティは、シンプルで愛らしい機能のおかげで、あらゆる年齢の女性に愛され続けています。彼女のニュートラルで口のない顔は、ファンにほぼすべての種類の彼女を着せる能力を与えます感情の。

勤勉を重んじる彼らの文化のおかげで、日本は彼らのユニークで時代を超越した性格を通して成功の成果を享受してきました。これらのキャラクターの世界的な影響は、私たちが創造性を持ってハードワークをまとめると、世界に不滅の痕跡を残すことができることを示しています。こちらのTomnityのブログをフォローして、日本の歴史と文化について詳しく学んでください。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする