トムニティ:日本の文化的慣習

最終更新日

Comments: 0

Business people greeting bowing gesture

Tomnity:日本の文化的慣習

Tomnityは、読者が日本について知っておくべきすべてのことを提供する日本のブログサイトです。私たちのウェブサイトは、国についてのあらゆる種類の情報、ヒントやコツ、しなければならないこと、さらには歴史でいっぱいです。ブログはいつか日本に行きたいと思っている人にとって大きな助けになります。私たちは、あなたが行く場所で文化がどのようなものであるかを理解することが不可欠であると信じています。

あなたが訪れるどの国でも、人々は自分たちの文化に特有のことをする独自の方法を持っています。各国には、人々の日常生活の一部となっている独特の文化的慣習があり、外国人として、観光客はこれらの慣習を尊重することを学ぶ必要があります。

知っておくべき日本の文化慣習のいくつかを次に示します。

お辞儀の

他の国での挨拶は、通常、「こんにちは」、「こんにちは」と言うか、手を振ったり握手をしたりすることによって行われます。一方、日本では、出会ったばかりの人にお辞儀をする文化があります。この練習は、ほとんどの場合、職場の先輩に行われます。弓は小さなうなずきから腰の高さのうなずきまで及ぶと言われています。お辞儀を深くするほど、尊敬のレベルが高くなります。小さなうなずきは家族や友人との会議などのカジュアルなやり取りに使用され、深い弓は仕事やその他の企業イベントなどの正式な会議に使用されます。 

時には、マットにひざまずいて、出会った人に完全に敬意を表することでお辞儀をすることもできます。

テーブルマナー

食べるとき、ほとんどの人は食べ物を食べる前に少し祈りを言うだけです。 しかし、日本では、食べる前に言わなければならない追加のフレーズや単語があります。これは「食べましょう」または「この食べ物を謙虚に受け取る」という意味の「いただきます」です。 

外国の文化に詳しくない日本人の中には、この言葉を言わないと失礼だと感じる人もいます。 

名前

新しい人に会うとき、あなたが彼らにきちんとお辞儀をして挨拶する方法を知っているだけでは十分ではありません。また、名前を覚えて、適切なサフィックスを使用する必要があります。ここ日本では、があり 接尾辞ます ときに使われる 誰かの名前を言う。

接尾辞「san」は男性と女性の両方に使用でき、敬意を表すために名前の最後に追加されます。これは、専門職の人に会うときによく使用されます。

「さん」の他に、「くん」は男性にも使われています。この接尾辞は使用 男性に 若い 、あなたと同じ年齢のします。家系の名前と名の両方に付けることができます。この接尾辞はよりカジュアルで、女性や高齢者に会うときには使用されません。

そんな中、子どもの名前には「ちゃん」という言葉がついています。あなたが誰かの子供に関係しているとき、家族で最も頻繁に使用されます。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする